ワンコと私とビートルズと

13歳で亡くなった愛犬(チワワ)の介護日記とビートルズ好きな主婦の日常…

カテゴリ:ポールマッカートニー > ポールマッカートニー来日の歴史

2013年10月、ポールの6年ぶりのアルバム、「NEW」が発売され、その1か月後の11月、ポールは11年ぶりに日本公演を行いました。

 

 

精力的に世界中を回っていたポールでしたが、日本にはもう来ないのかと諦めていた矢先の事でした。

 

関西空港から日本入りし、大阪→福岡→東京 が公演地。5cc1f943.jpg

 

福岡では20年ぶりに大相撲九州場所を観戦し、NHKの生放送中にポールが紹介されていましたね。懸賞金をだしたことも話題になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、福岡に参加。

 

久しぶりに見たポールは、スマートでカッコよく、神々しくて、思わず「美しい!」と叫んでしまいました。おねがい

 

若い時とキーも変わらず、ギター、ピアノの演奏もしながら、2時間45分を歌いっぱなし、MCもして、あっちこっちと小走りで動き回り、汗びっしょりになっている姿は、プロだなあとつくづく感心、感動、感激ものでした。 

 

 

 

 

 

 

09b18ada.jpg

 

 

 

しかも、この時、ポール、71歳!54歳の美しいナンシー夫人と結婚してから益々元気に若々しくなっています。

 

顔をアップで見ると年齢相応にも見えるのですが、ステージでのポールは、ビートルズ時代のポールそのままに見えるのです。

 

スタイル、動き、表情、ビートルズのポールのままなのですラブファンにはたまりません!

 

 

面白い事を言って笑わせてくれるサービス精神も健在で、福岡では、

 

帰ってきたバイ!」 「日本語ガンバリマス!バッテンが、英語の方がウマカヨ!」 「もう一曲、ドゲンネ?

 

と、方言で話しかけてくれました。

     四股もふんでくれましたよラブ

 

 

この公演は、それまでと違いました。うまく言えませんが、おそらく他のファンの方たちも同じ気持ちになったと思います。

 

 

自分達もポールと一緒に年齢を重ねてきて、人生を振り返りあれこれ考える時期、夢と現実の間にため息をついたり、これからも来るであろう困難な問題に悩んだりする年頃、そんな日常のストレスをポールが全て持っていってくれたみたいな爽やかな気持ちになりました。

 

おそらく世界中の、ライヴを観たファンは同じような体験を味わうに違いありません。

涙を流すファンがいるのも頷けます。

  

 

20db4385.jpg
  

 

ポールは凄い仕事をしていると思います。高齢だから、体力的にもきついと思うけど…

どうしてそこまで頑張るのでしょうか?

 

お金の為に働いているわけではないはずですから、

ポール自身が、自分の使命として、音楽を通して人々を救う為に歌ってくれるのだと感じます。 

2013年に久しぶりに感動を得て、これが最後だろうという余韻も残っている翌年、再びポールが来日します。

 

 

取り壊される国立競技場、大阪のヤンマースタジアムでの初の屋外ライヴ, そしてビートルズ以来初の武道館公演など、再びファンは歓喜しました。

 

 

私は、大阪のチケットをとり、航空券、ホテルの予約も済ませて、その日を待っていました。

 

ただ、ちょっと感じたのは、もう1年後でも良かったのではないかということでした。

 

 

前年の感動を大事にしたかったということと、ポールが商業的に利用されている気がして、

 

ポールの体力が心配でした。そして、その不安は的中してしまいました。

 

 

この回は、奥様は同伴せず、一人で日本に入りました。空港では日の丸のTシャを着て、元気そうに手をふってくれました。

 

 

しかし、ポールの姿はこれ以降見ることはできなくなり、全ての公演が幻となりました。

 

 

高齢のポールは、この時疲れていたのだと思います。日本に来る前から体調が悪かったそうです。   

 

 

 

                            

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 6b9d9440.jpg

 

 

 

ポールは、ぎりぎりまでやる気でいたため、会場に並んでいたファンは、突然の中止にショックを受け、日本中は大騒ぎとなりました。

 

 

 

私は、会場に行く前に全公演中止が発表されたので、航空券やホテルの解約はできましたが、キャンセル料が一部かかりました。地方のファンは大変なんですあせる

 

 

でも、ポールへの気持ちは、ただ心配でたまらず、全く姿を見せることなく帰国してしまったので、心配だけが残りました。腸閉塞で手術を受けたと言われていました。ある意味、日本で手術を受けて良かったと思えるのが救いでした。

 

 

 

そして、その後、元気になった姿をロンドンでパパラッチされ、安心しました。

 

 

6a22e0d9.jpg

 

 

 964847d6.jpg

 

 

日本の次に予定していた海外公演も中止にし、休養した後、アメリカ公演でポールは復活しました。凄い体力と気力ですねメラメラもう、無理しないで!と言いたい位ですが。

 

 

 

 

ただ一つ、残念だったのは、国立競技場のラストをポールのライヴで飾れなかったことでした。

翌年「アウトゼア ジャパンツアー2015」  でポール復活ですクラッカー

 

前回、日本で病に倒れたポールは帰ってきました!

 

4月21日大阪、23、25、27日東京、28日武道館。

 

 

 

 

私、この回は東京ドームに参加、そして初の”入り待ち”なるものを体験しました。

 

 

 

 

東京ドームは5万人以上の観客。始まる前からドーム内は盛り上がり、観客がウェーブをするなど大歓迎ムード。

 

 

私は25日でしたが、開始が1時間遅れて、やきもきしました。 

 

 

コンバンワ、トーキョー!カエッテキタヨ! ユウゲンジッコウ!」には受けました!最高!!

 

 

 

 

この時、電池の関係で、安物のカメラで撮影した為、映りが悪いです。雰囲気だけ…。

 

 

 

 

 

 

そして、武道館公演。ビートルズ以来、49年ぶり。

 

チケット代が高かったこと、公演時間が短かったことは色々複雑でしたが、ここで、アナザーガールを歌ってくれた動画を観て、ビートルズ臭をリアルに感じました。

 

またこれを生で聴きたい!(他にも沢山聴きたい曲はありますが)と思ったのでした。音譜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑このページのトップヘ