ワンコと私とビートルズと

13歳で亡くなった愛犬(チワワ)の介護日記とビートルズ好きな主婦の日常…

カテゴリ:犬(チワワ) > 介護日記


うちの犬は尻尾がなくなってしまったのですが、そのおかげでとても元気になりました。
脱毛症もすっかり治り、ふさふさに。若返った感じでした。昨年までは。

尻尾がなくなると、トイレだけがちょっと困るんです。

便のきれが悪くなるので、わんこがトイレにいった後は、必ずお尻をチェックします。


ちょっとした介護です。

可愛いペットもあっという間に老犬になります。寂しいです。

だから、1日を大切に、なるべく触れ合っていきたいと思っています。

わんこの腹水は、ほんの少しずつ減っています。

食欲は旺盛、ササミと一緒に似たキャベツやじゃがいもも食べています。

毎日便もでているし、薬は全くのませていないけど、食事に気をつけることで、寿命がのびているのかなあ。

こんなに普通にしているのに、がりがりにやせてます。


毛がふさふさなのでわかりにくいのですが、夏の抜け毛がひどく、ところどころごそっと抜けます。首の回りはほとんどなくなり、やせがめだつようになってきました。


昨日シャワーをしてあげたら、やせ細って骨ばっているのがわかりました。

本当におじいちゃん。あんなに子犬みたいで可愛らしい顔だったのに、病気のせいでしょうか。


やっぱり、末期なのかなあとまた、悲しくなりました。でも、1月に覚悟した時に比べたらとっても元気なのですから、わんこの生命力に感謝です。


ワンコは、病気のせいで不安なのか、地震のせいなのか、最近よく鳴る雷への恐怖からか、私から離れなくなりました。

トイレにいくと、ドアの向こうで、ワンコの足音がします。私を探すのです。

私が出てくると、とぼけて逃げていきます。照れくさそうに。


夜も私が布団に入るまで、ずっと横で待っています。

子どもが幼かった頃、こうでした。

懐かしい、子育てに追われたあの頃を思い出します。でもワンコは老犬です。あと少ししか生きられないって感じているのかなあと、悲しくなったり。

いじらしくて今日もなでなで、顔をすりすりしました、

おでことおでこをくっつけると、心が通じるのがわかります。

ワンコは、腹水はそのままでも食欲が旺盛だったので安心していましたが、今朝は何となく元気がなく、大好きなご飯も食べません。

夏バテ?

用事があり、今日は一日留守番してもらいました。

誰もいない方がゆっくり眠れるかなと期待して、外出しました。




夕方帰宅すると、ベッドに休んだまま目をぱちくり。いつものような飛びついてくる元気はないようでした。








ご飯は食べてなく、夜になってやっと口にしました。


疲れがとれたのか、だんだん動きだし、一安心。

そして、なでなでして~とすり寄ってきました。

毎日一喜一憂していますが、体調にも波はありますね。







今日のワンコは、腹水はなかなか減りませんが、元気です。






ご飯の好き嫌いがまた始まりました。

ササミに飽きてきて、臭いの強いものを好んできます。

そんなときは、おやつの無添加ササミや、低脂肪のペットフード。これも好みがあって買ってきても口にしないことがあります。


そこまでになると、放置します。水は飲むし、トイレも普通なので、お腹すいたら食べるはずなので自然にまかせます。


老犬なので、鼻や目も悪くなってるせいかもしれない。歯はしっかりしています。


腹水のせいで、胃腸も圧迫され、苦しいだろうなと思うのですが、笑顔でなでなですると、おなかをみせて嬉しそうです。

大丈夫だよって言ってくれてるみたい。

↑このページのトップヘ