ワンコと私とビートルズと

13歳で亡くなった愛犬(チワワ)の介護日記とビートルズ好きな主婦の日常…

カテゴリ:犬(チワワ) > 介護日記

我が家には、もうすぐ13歳になるチワワの男の子がいます。



それまで病気もケガもなく元気にむかえた10歳の時、尻尾の付け根に腫瘍が見つかりました。



サマーカットした後の毛の生え方がまだらで、色艶も悪く、どこか悪いのかと心配していた頃でした。



腫瘍の場所が悪く、尻尾をとらなければならず、涙、涙で、ワンコに謝るしかありませんでしたがあせる



摘出後、良性とわかり、毛もフワフワにはえてきて、元気になり、ホッ音譜




しかし2年後には、頑固な下痢が続き、ぐったりと寝ている日々が増えてきました。ついには、おなかが腹水でパンパンにはれてしまいました。



病院では、「肝臓に腫瘍がある、下痢はリンパ管拡張症だろう、難病であるし、老犬なので、いつ何があってもおかしくはない。薬で症状を和らげながら、少しでも安らかに長く生きていけるようにしましょう。」との事で、特に手術など負担をかけることはせず、少しでもワンコが1日でも長く楽に暮らせるよう見守ることに。



2週間ほどで、腹水もなくなり、下痢も止まり、食欲旺盛、とても病気には思えない位回復しました。



よく食べるけど、がりがりにやせていくのが悲しけど汗できるだけ、手作りの低脂肪のごはんをあげようと、私も頑張ることにしました。



薬を飲み始めてから、2か月後、ぐったりと1日中寝ている日が増え、反応も少なく、歩くのもよろけるように。



大好きなごはんもおやつも受け付けず、注射器で水やスープを少しずつ与える日々。あと何日…涙で世話する毎日。すると、再び少しずつ食べるように…。薬を与え忘れた日に元気な気がして、薬をやめてみました。


見る見るうちに、復活してきたのです。



え?薬が悪かったの?…

なんて思いながら過ごしていたあの夜、平成28年4月14日。

突然震度6強の大地震が我が家を襲いました。


   








うちのワンコは、私の布団の上ですやすやと早めに就寝中でした。




私はその横でお片付け。




「ゴゴゴー!」雷の様な、大きな地鳴りが遠くからこっちに向かって襲ってきました。何が起こるのか考える暇もなく、次の瞬間「ドーン!ガッチャーン!ガチャガチャ!ガッシャーン!」みたいな感じでしょうか。




とっさにワンコの上に覆いかぶさり、様子を伺いましたが揺れが強く、恐怖を感じたので抱きかかえて玄関に走りました。




その日は余震の恐怖で、車中泊。ワンコは「な、なんだ!これは?」みたいな顔で震えていましたが、強い余震にもただじっと耐え、吠えもせず、おとなしく抱っこされていました。




どうしてこんな時に…。




すると再び翌々日の4月16日の深夜1時すぎ、更に強い本震が我々を襲いました。





2度目の地震は、またくると思い、用心はしていたのですが、まさか、前回よりも強くなるとは思ってもいませんでした。

ジェットコースターに乗っているような、ただただ、身体が吹き飛ばされないようにしがみつくので精一杯な感じでした。
この時もワンコを抱きかかえ、揺れがおさまるとすぐに車で避難しました。


車中泊をしていたのですが、避難所の建物も壊れ、停電、断水で、食料もなく、これでは大変と、車で7時間かけて、必死強い余震におびえながら、ひび割れた橋を越え、たれさがった電線をよけながら、親戚宅に避難しました。



ワンコは、避難中、ずっと抱っこされ、車中泊も、吠えもせず、じっと耐えてくれました。


親戚の家でもおとなしく寝ていました。むしろ私たち家族の支えになってくれたと思います。

これをきっかけに、薬をのませないことにしました。

幸い家は無事で、すぐに住めるようになったので、ワンコのご飯も、手作りを復活させています。

薬をやめてから更に元気になってきた気がします。

薬は最初はよくきいていたのですが。

心臓と肝臓の薬、利尿剤、ステロイドですからね。ちょっと怖いです。長く飲んでいたら弱ってきたのです。

さて、またフランスでテロ、トルコでクーデターなど、どこなら安全と言える世の中ではなくなってきました。


東京オリンピック、大丈夫かなあ。

ワンコが、少し元気がないようです。               
食欲はあるけど、あんまり食べられない。



腹水がまた少したまってきた。



この暑さです。エアコンはつけていますが、気候の変化がもろに小さい犬にはこたえるようです。



ずっと横になっています。



なでてあげると、にこっと笑ってくれるんです。そうみえるのです。言葉は話せなくても心は通じていますドキドキ

うちのワンコですが、お腹はまだ腹水でふくらんだまま。

以前ほど、パンパンではないですが、食欲もでてきて、元気になってきました。



腹水がたまるのは、もう末期だからと医師から言われて、8か月。


増えたり減ったりしながら、なんとか頑張っている。


薬も長く飲ませていないし、ストレスになる病院にも連れて行っていない。


とにかく、楽しくやすらかに長く一緒にいてあげたい。


脂肪分の低いササミと野菜を煮て毎日食べているのがよいのかな。


食べ物って大事ですね。



↑このページのトップヘ