ポール 全米ツアー日程 ”  が発表されました。

見てみると、ハードですよね。

高齢の身体で、暑い時期、大丈夫かなあと心配になってきます。


この何年かのライヴをみていて、汗びっしょりになりながら、連続3時間近く演奏し歌うポールを見ていて、内心ハラハラしていました。

先日も、大画面でポールの顔がアップになると、顔色が青く見えてしまい、ポールの年齢を感じざるを得ませんでした。


「無理しないで」と言いたいのは、ファンのみんなの気持ちなのでしょうが、無理してくれたおかげで、私たちは幸せな体験をさせてもらっている訳です。


勝手なお願いですね。


でもでも、不安です。いつ、ポールの引退ニュースor病気で倒れる…か、考えたくない。

以前日本で倒れた時は、重病ではないかとか、このまま寝込むんじゃないかとか、かなり心配しました。まるで、子供を心配する親の心境でした。



なぜポールがこんなに働くのか、色々な方が、色んな事を語っておられます。

〇ポールの意志~この仕事が生きがいになっている。ビートルズの音楽を伝えたいという使命感。
〇著作権の裁判~買い取りには高額なお金が必要。
〇長年一緒にいる今のバンドやスタッフの生活の為。
〇バンド、スタッフを離したくない。休みが多くなると、他のアーティストと契約されてしまう。

全てが理由なのかもしれません。

それと、私の勝手な想像ですが、ビートルズ時代に、いかにハードに働いたかということ、当時の仕事熱心さが今でも続いている。「あの頃に比べたら、今は楽だよ」と思っているかもしれませんね。

真面目で、完璧主義で、本物のプロ、一流の人とはこういう人のことを言うのでしょう。




ポールは、永遠です。神なのです。