最近寒くなってきましたね。北国の方、雪との闘い、本当に大変ですよね。

 

さて、途中ジョージの話にそれてしまいましたが、ポールの話題に戻します。

 

ポールは2002年、ソロとして3度目の来日公演を行いました。

 

ドライヴィング ジャパン ツアー”です。

 

 

この公演の日までには、98年に最愛のリンダの死、01年にジョージの死という悲しく辛い出来事がありました。

 

2002年には、ヘザーミルズと結婚し、幸せを掴んだポールは再びツアーに出たのです。

(後に、ヘザーとは泥沼離婚(T▽T;))

 

 

11月東京と大阪で全5公演でした。大阪公演はこの時が初めてで、私は大阪に行きました。

 

 (当時大阪ドーム)

 

 

この時、ポール60歳。まだまだ若々しく、元気でした。

 

 

 (パンフレット)

 

 

この時から、ジョンに加えてジョージの追悼コーナーが加わりました。この時は、ジョージにもらったというウクレレのみで、サムシングを歌っていました。

 

 

 

この時感じたことは、ポールが、カッコよさより、面白いキャラクターになっていたこと。

おそらく、衣装や髪形のせいだったかも。それと、

 

マイド!モーカリマッカ?」なんて言っちゃうからですよ~(≧∇≦)

 

何といっても、この時からバンドのメンバーが現在のメンバーにかわったのが最高です音譜

 

be3f1340.jpg

 

ドラムのエイブ、ギターのブライアンとラスティが、若々しくカッコよく、バンドが一気に若返っていましたし、パフォーマンスにうっとりする位でした。

 

 

 

実は二人共、ベテランで、見た目は20代に見えましたが、当時40代だったとは驚きです。 

 

 

         (ラスティ)                                          (ブライアン)

 

 

実はこの頃、自分の体調が悪く、行こうかどうか悩んだのですが、勇気をだして行きました。

 

行ってよかったです。