しばらくは上の息子と一日中息子の部屋で過ごす時もあったワンコでしたが、息子の部屋を変えた途端、一緒に寝ようとはしなくなりました。

 

 

それまでの部屋がお気に入りだったようで、息子が新しい部屋に連れていっても、すぐに前の部屋に行って、チョコンと座っていました。

「なんで部屋をかえたの?ここが良かったのに」と思っていたに違いありません。

 

忠犬ハチ公ではないですが、大好きだった場所に戻ってしまうワンコが、ちょっぴり可哀想に思えました。

 

それ以来、ワンコは、私と同じ部屋で寝るようになりました。

 

毎晩、ワンコは、先に下の息子が寝付くまで息子のそばにいて、寝たのを確認してから私のところへ来て寝ていました。

 

誰かが教えたわけでもないのに、ワンコは、自分より格下と思っている下の息子を弟か我が子の様に思っていて、寝るまで見守る姿は頼もしかったです。

 

 

上の息子が自立して、家を出ると、ワンコは益々、我が家の為に頑張ろうと思ったように感じます。このあたりから、顔つきも変化してきた気がします。 ce269fad.jpg