ワンコに見守られながら、A子ちゃんはすくすくと成長していきました。

 

しかし、ワンコも動物。

 

野生の部分を見せる時が一度だけありました。

 

 

3歳のA子ちゃんが、皆と一緒に小さいおはぎを食べようと、おはぎを手にとった時でした。

 

A子ちゃんが「きゃーっ!だめーっ!」と叫んだので、皆がびっくりしてA子ちゃんを見ました。

 

すると、ワンコがおはぎを奪い取り、口にくわえていたのです。

 

コラッと怒って、取り返そうとしましたが、くわえてはなさないワンコ。

 

無理やり口から出そうとしましたが、凄い顔つきでうなり、半分食べられてしまいました。

 

ワンコは、小豆が好きで、アンコの匂いがするとすぐ寄ってきていました。

 

ワンコが介護状態になった時、小豆の砂糖なしアンコは食べていましたし、薬もアンコに包んで食べさせました。小豆は犬には良い食品だそうです。

 

ワンコは人の食べ物を奪うなんてことは絶対しない犬だったのですが、A子ちゃんを自分より格下に思っていて、この子なら大丈夫と思ったのでしょう。

 

こんな悪さをしたのは、この一度だけでした。

 

最初は同じ位の大きさだったA子ちゃんも、今は10歳。

 

ワンコより、ずっとずっと大きくなりました。11175e6d.jpg