最近は「ペットロス」という言葉が浸透してきました。

 

可愛がっていたペットを失った悲しみによる気分の落ち込みや様々な身体の不調を、以前よりは、理解してもらえる時代になってきました。

 

ですが、「たかがペットが死んだ位で。」「所詮動物だろう。すぐに忘れるよ。」などど思う人の方がまだまだ多数だと思います。

 

 

動物嫌い、ペットを飼ったことがない人、飼っていても愛着がなく、人まかせだった人…そのような人もいる訳で、人の自由ですから非難はできません。動物虐待、無責任に飼う人は論外ですが。

 

 

体験をして初めて理解できることですから、分かって欲しいと言う方が無理ですよね。

 

 

私も、子どもの時に、猫を飼っていたことがありましたが、引っ越しで連れていけず、近所の人にあげたりして、最後まで面倒をみた経験はありませんでした。犬を飼ったのも今回が初めてでした。

 

なので、ペットロスというものを、今回初めて体験しました。

 

 

子犬から育て、寿命を全うさせ、埋葬までやりつくしたのも初めてでした。

 

飼い主の責任は果たしたぞという達成感みたいなものはあり、悔いはありません。

 

それは、ワンコのおかげだと思います。突然のお別れなら、悔いだらけで、なかなか立ち直れなかったかもしれません。ワンコが、私が後で後悔しないように、最後の別れまでちゃんと考えてくれた気がします。

 

それでも、亡くなった後の、欠落感、空虚な感じは強烈でした。これが、ペットロスというものかと、体験しないと絶対わからないものだと確信しました。

 

 

ずっと存在していたものがいなくなるのが一番辛い、そしてその傷をえぐるのが、日常生活のルーティンが崩れることなのです。

 

家族の一人がいなくなった寂しさと、その家族がいたことで、行っていた長年の自分の行動、考えがある日突然必要なくなることのショックが、一番胸にぐっと突き刺さります。

 

 

亡くなったのが、人間の親族なら周りの方々はとても配慮して下さいます。ペットも親族と変わらないのですが、その悲しみは他人には理解してもらえません。

 

日常生活のルーティン、つまりその何気ない幸せを突然失った悲しみの深さは、なかなか人には想像できないと思います。

 

生活をしていく中で、あれもこれもと無意識にしてきた自分の行動を通して、「あ、もういないんだ。」「もうこれは必要ないんだ」

など、嫌でも別れの現実を突きつけられてしまうのです。

 

その時の喪失感は言葉にできないでしょう。無気力になり、人にも会いたくないでしょうし仕事も手に着かないことでしょう。

                

 

 

悲しみを乗り越えるには、時間という薬が一番効きそうです。新しい生活に慣れるしかない。 

 

 

私は、今でも、外出すると、「ワンコが待ってるから早く帰らなくちゃ」とか、「ワンコ大丈夫かな」とかふっと思う時があり、「あ、もういないんだ。心配しなくてよくなったんだ」と何回も現実をかみしめる事の連続です。

 

家にいても、ついワンコがいるつもりで行動していて、同じように、現実をかみしめ、少しずついない生活に戻していこうと思っています。今までの生活を忘れたくはないですが…。