ワンコと私とビートルズと

13歳で亡くなった愛犬(チワワ)の介護日記とビートルズ好きな主婦の日常…

昨日から部分開園した熊本動植物園、閉演時刻前に駆け込みで行ってきました。

いつも通りの入り口から駐車場に入ると、駐車料金を200円払います。今まで無料だったので慌てました。



IMG_1900.jpg






IMG_1903.jpg

動物園側の入り口は閉鎖されていて、植物園の駐車場に案内されました。


臨時の入り口一か所から入ります。
IMG_1885.jpg

象さんときりんさんに会えましたよ。


象さんが、サービスをしてくれました。子供たちが声をかけると、ちゃんとわかっているようで、寄ってきて「やあ!」と言っているような仕草を何回もしていました。
IMG_1889.jpg
久しぶりに賑やかになって、動物達も嬉しそう。


閉演時間の前に、象を園舎に入れて健康チェックをするところを、アナウンスと共に見学できました。貴重な体験でした。

飼育員さんが、象に言葉をかけると、象が寝ころびます。背中のチェックなどをした後、次も指示された通りに前足をあげたりした後、ご褒美をもらいます。


IMG_1895.jpg


身体は大きいけど、可愛いv(o゚∀゚o)v。


きりんも、赤ちゃんが生まれていて、閉園前には、ママと一緒の部屋に入っていきましたIMG_1897.jpg


愛犬を失ってから、動物がより可愛く思えます。会話ができそうな気がします。


動物は、魂が綺麗だから、触れ合うと心のリセットができるのかもしれません。


ライオンなどは、福岡にお世話になっているようで、他の動物達には会えませんでした。ほとんどの場所は閉鎖されていました。



IMG_1902.jpg 




IMG_1891.jpg 



IMG_1887.jpg 
江津湖も沢山の人が散歩していました。

IMG_1901.jpg


近いし、これからも時々、行こうと思います。草の匂い、自然に触れて、これからは花も咲いてきて、植物園も見ごろになりますね。


風が強くなり、春らしくなってきました。

お天気の良い日に気軽に行けて、動物やお花に触れる事ができて、江津湖を眺め、一日楽しめる熊本動植物園。



pic_kumamotosi_doubutuen.jpg


皆に愛されている自慢の施設。


それが、去年の大地震で被害にあいました。これまで開園できなかったことを考えれば、どれだけ被害がひどかったか、想像できます。デマにも振り回されたという被害もありました。


動物達もどんなにか怖かったことでしょう。お世話をしている職員さん達の頑張りもあって、やっと一部だけの開園の日が来ました。


動物達も喜んでくれるかな。寂しかったよね。
                         


朝ふっと目が覚め、横を見ると、ワンコが寝ていた風景を思い出します。

亡くなる前は、横にベッドを置いて寝かせていました。


去年の今頃は、夜に数回トイレに行こうとして、私を起こしていました。


リンパ管拡張症で、下痢をしていました。最初の腹水もたまっていて、おしっこも何回もいくけど、少ししか出ず、苦しそうでした。いつ亡くなってもおかしくないと言われた頃でした。


その後、大地震がきたのでした。


亡くなるまで、毎日夜は私の横にベッドを置いて寝かせて、夜中に心臓を触って確かめたり、おむつをかえたりしたことが思い出され、悲しかったけれど、もっともっとお世話したかったと思う日々です。

でもあの時は、ワンコが辛い思いしているなら、早く楽になった方が良いのではという思いが、一瞬よぎったのも事実です。


ワンコは苦しむ様子は見せず、いつも静かに寝ており、眠る様に亡くなったので、本当に飼い主にとっては、救われた最後でした。

自分もこんな風な最後が迎えられたらいいなと思うほどでした。


生きているうちに、いっぱい触れ合って、話しかけておくって大切ですね。

思い出すのは、ほっぺとほっぺをくっつけて、すりすりしていたことや、亡くなる2週間位前に、ワンコに、じっくり話しかけた事(それまでのワンコに対する感謝の言葉ともう無理しなくてもいいんだよって伝えました)。
ワンコはちゃんと聞いてくれたと思っています。

意識があるかないかわからなかったけれど、亡くなる2日前に、庭の金木犀の花の香りを一緒にかいだこと。


最後まで、触れ合えたことで、後悔をしなくてすんだのだと思います。



ペットでも、子供でも、愛情で触れ合うことは、とても大切だと改めて感じました。 

昨日は久しぶりにA子ちゃんが遊びにきました。
ワンコがいなくなってから、なかなか来てくれる機会もなかったのですが、A子ちゃんの中では、まだワンコが生きているようです。


A子ちゃんがドアを開けると、ワンコはとっても喜んでピョンピョンはねてA子ちゃんに前足でタッチしていました。

今でもその姿が見えてきそうです。


A子ちゃんは、庭のワンコのお墓をじーっと眺めながら、「もし生きていたら、きっとここで日向ぼっこしているね」と思い出に浸っていました。


        hinata.jpg      
        きっとワンコも天国からA子ちゃんを見ていたことでしょう。



     270325 aya
         (亡くなる2年前、尻尾を切った後です)




 4月末の、ポールの東京ドームへの航空券、ホテルの予約が完了しました。

もっと早くにしとけばよかったのですが、ライヴがゴールデンウィーク中なので、希望のホテルがどこも詰まっていて焦りました💦


でも、無事とれました(o‘∀‘o)*:◦♪。

チケットだけでも高いけど、航空券、ホテル代…地方のファンには経済的に厳しいですが、こういうことも無いと、上京できない人もおられるでしょう。

思い切り楽しみましょ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪             

      22c48dc3-s.jpg


これが最後かと思われた25年の来日から病気でキャンセルも含めて、次回で4回も来てくれることになります。有難う!ポール❢

      f59b5650-s.jpg 

今日、BCCから、サウンドチェック参加券とVIPパッケージの抽選案内メールが来ました。

VIPは、約10万円します。最前列、サウンドチェックもみれるなら、申し込みたいところ。殺到してなかなか当たらないようですが。欲をだせばきりがないので、我慢( ;∀;)。



70歳過ぎても、スマートで、活発に仕事をしているポールは凄いし、理想的な老後ですよね~♥


やりがいのある仕事を死ぬまでやれるなんて羨ましいです。 



↑このページのトップヘ