ワンコと私とビートルズと

13歳で亡くなった愛犬(チワワ)の介護日記とビートルズ好きな主婦の日常…

ワンコに焼肉風に手作りごはんを作って3日めですが、再びうけつけなくなりました。


それだけ体調が悪いのでしょう。


食べるかなと口もとに持って行って、食べるおやつはあげています。


トイレは夜は室内トイレ、昼は外でしています。


外に出るときに、出口に段差があり、自分でポンと飛び出して、入る時もよいしょっと入っていました。


最近は大変そうなので、段差をなくして楽に出入りするようにしたのですが、最近は出ることを怖がるようになりました。


腹水もたまるし、トイレを我慢させたくないので、抱っこしておろしたり、入れたりしています。


本人は、プライドがあるので、足腰が弱ったことに対する悔しさが伝わります。


室内でトイレすれば良いのですが、なるべく汚したくないと思ってるし、汚して叱られるのではないかと気を使っているのかもしれません。



トイレのあとは、必ず足やお尻をふくので、室内だといつのまにかやっていて、ふくのを忘れてしまい、それもワンコは気にしてるのかもしれないです。


習慣ついた事に対して、犬は誠実に守ろうとしますね。人間もこうありたいものです。



今日は涼しくて気持ち良い日です。


秋を感じます。何年ぶりかな、この時期に秋を感じるのは。


学校では、秋の運動会が熱中症対策で春になったのに、春も暑くなり、熱中症が増えました。

このまま秋は秋らしく、かつての気候に戻ってほしいものです。


病気のワンコは、気候の影響をもろに感じるようです。


寒い時は、冬眠するかの様にぐったりと動かない日が多かったです。暖房をつけていても。


暑い夏も、冷房の部屋にいても、床を移動しながら寝てすごす。



過ごしやすい日には、顔つきが違います。動きも良くなります。


今日は気分がよさそうで、表情もいきいき、甘えてすりよってきます。どこかお出かけしたいけど、雨がパラパラふってきちゃったね。


ワンコが、手作りササミご飯を受け付けなくなってからずいぶんたちます。

牛肉と豚肉は少しだけは食べていたので、ふと、ササミを肉っぽく調理したら食べるかなと思い、ササミを油をひかずにフライパンで炒めてみました。

少し焦がし気味にすると、とても美味しそうな焼き鳥の臭いがします。

更に、キャベツを食べやすく小さくちぎって一緒に炒めます。キャベツの水分でちょうどいい加減にふんわりします。

以前は、下痢を繰り返している為、おかゆに混ぜたり、じゃが芋の煮たものと一緒にササミを煮ていました。水分もエキスも一緒にとれるしと思って。おいしそうに汁もなめてしまうほどよく食べていました。


それを最近は全く食べなくなり、食欲自体が減って弱ってきていました。


ササミを炒めていると、ワンコが台所にきて横でじーっと見るようになりました。

最近はそんな気力もなかったのに。


欲しそうな様子をしているうちにと、ふーふーしてさましてから、差し出してみました。


ワンコは、覗き込んでクンクンしてから食べました。それも少しずつ。


腹水でなかなか一度には入らないのでしょう。


夜には、完食しました。


久しぶりにご飯を沢山食べてくれました。良かった。下痢しませんように。

薬を飲ませて3日目、効果はあまりわからず、肉を少し食べるようにはなりましたが、ほとんど横になっているワンコ。


お腹もパンパンのままです。


時々、なでなでしながら話しかけます。はあいと口を開けて返事をしてくれます。


トイレに外に出るとき、お腹が重くてうまく動けない時は、私が補助しています。


「くうくう」と小さい声をだしています。お礼を言ってくれてるのかな。


水は沢山飲んでいます。


今朝起きた時、私の頭にワンコは自分の頭をくっつけて寝ていました。可愛いです。


一日一日が、大切で長い時間。つらいだろうね。

ワンコは、何でも食べたそうな顔はしますが、口もとにもっていくと、ああ、食べたいけど食べられないよーと言いたげに顔をそむけます。


牛肉をちょっとだけゆがいてあげると、食べました。

ササミのおやつもうけつけなくなり、食べられるのは、牛肉とおせんべい。


牛肉は脂肪分が気になるので、あまりやりたくないです。


腹水で胃も圧迫されて苦しいんだろうと思います。


おしっこの回数が減ってきたので、やめていた薬をのませることにしました。



とにかく、少しでも楽にすごせるように、苦しまないようにしてあげたい。


歩く時も、後ろ足がへなっとなり、歩いて2~3歩ですわりこむことも多くなりました。


腹水さえ減ってくれたらなあ。

↑このページのトップヘ